読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山と海と革と。

詩作に耽って虎になりたい。こんなはずじゃなかった社畜の日記。

テント用ペグのお話

 このブログ、

私の天性のサボり癖によりあまり記事は無いのですが、

アクセスのほとんどがキャンプ関係記事です。

 

だからというワケでは無いのですが、以前紹介したテントの補足をします。

 

コールマン テント ツーリングドームST [1~2人用] 170T16400J

コールマン テント ツーリングドームST [1~2人用] 170T16400J

 

 

このテント、

それ自体は不満なしなんですが…

 

ペグがショボイ。

 

 

まぁ、しゃあないんです。(何が?)

 

アルミ製のL字型ペグ補強用のロープが同梱されてますが、

アルミ製かつ細いので、簡単に曲がります。

 

ちょっと堅い地面に打ったとき、まっすぐ打てなかったとき

曲がります。チョロいです。

 

テントを使用して2回で私は同梱のペグを3本曲げました。

ヘタクソだから、という指摘は受け流します。

 

というわけでコレを購入。

 

 

鋳造!!鋳造!!鋳造!!

絶対強い!!

 

f:id:kyoumo_ichinichi:20160402205021j:plain

圧倒的存在感

 

ちなみに右側がテント同梱のペグとロープ

言わずもがな左が鋳造ペグ。

 

堅くて太くて長い…

 

素材が違うのでアルミペグに比べたら釘と鈍器ぐらいの重量差が有りますが、

その重さこそが丈夫さの証。

 

用途はキャンプツーリングなので、この程度の重さは問題ありません

ここ一年間使用してきましたが

曲がる気配なんて全く無いですし、ちょっと固めの地面でもグイグイ刺さります。

 

ハンマーの打点が丸く、それこそ釘の様に打ち易く加工されてます。

私は打ちミスが減りました。

 

 

キャンプツーリングで使うなら鋳造ペグは超お奨めです!!!

 

 

ちなみに私は特に考えずに28cmのペグを選びましたが、

結構長いので、気になる方は18cmをどうぞ。

 

 

 

この記事は鋳造ペグを入れていた100均袋が破れたので思いつきで書いた。

革で袋作ろう…