読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山と海と革と。

詩作に耽って虎になりたい。こんなはずじゃなかった社畜の日記。

四国ぶち抜きツーリング録 その1

ゴールデンウィイイイイイイイイイク!!!

 

 

今年はなんと9連休!

社会復帰ができるかどうかギリギリのラインの連休ぶりでした。

(個人差が有ります)

 

でも何ででしょうね。

気付いたら五月だったんですよね…

GWの前の週まで連休の存在を忘れてたんですよね…

つまりは何にも決めて無かったんですよね…

 

でもまぁフットワークが軽いのがバイクの良いところ!

とりあえず四国行こう!という事でぬるりと四国に向かったのでした。

 

連休前後に予定があったので今回は3泊4日の旅程

弩連休GWの一週間前に宿など取れるわけもなく(調べてもいないけど)

全編キャンプの予定で出立しました。

 

f:id:kyoumo_ichinichi:20170513111858j:plain

 

 

 

 

1日目

GW中の高速道路といえば、

・延々と続く渋滞

・謎の車線変更を繰り返す車

・予想外の動きをする若葉マークドライバー

・覆面パトカーや白馬の王子様

 

などなど、想像するだに地獄めいたものです。

また、四国に向かう際は淡路島から入るルートを取るのですが

大阪兵庫の高速道路は常に渋滞していると言っても過言ではないほどに過密しています。

 

そんな諸々を回避するために、今回は日の出前の0400時発(を目指して)出立しました。

実際は0430時発でしたが…

 

そのお陰か、一度も渋滞に捕まらずに淡路SAまで到着できたのでした。

でもですね、よく考えたら当日は一応平日なんですよ。

いわゆる中日ってやつで、人によっては仕事しているんですね

ひょっとしたらそのせいで空いていたのかもしれません。( ・´ー・`)

 

f:id:kyoumo_ichinichi:20170513113002j:plain

f:id:kyoumo_ichinichi:20170513113006j:plain

淡路SAで構ってくれそうで構ってくれなかったにゃんこ

 

日の出前に出立すると朝飯時にはほぼ現地入りできているので

一日の時間をツーリングに十分に使えてかなりいい感じでした。

今後もやっていきたいですね、これは。オススメです。

 

ただし今回は十分に眠れていなかったため

淡路SAでちょっと気分が悪くなったため長めに休憩。とりあえずうどん食べて、猫を撮る。

 

f:id:kyoumo_ichinichi:20170513113345j:plain

朝焼けがキレイ

 

 

さて今回、ガチのマジで無計画なので一日目にどこに行くのかも決めていません。

とりあえず三年くらい前に四国ツーリングに行った時に

スケジュール上行けなかった四国カルストに行く事だけを目標にしておりました。

 

四国カルスト - Wikipedia

 

四国カルストに行って帰ってくるならば、

一日目にはとりあえずこの辺には居たいわけです。

f:id:kyoumo_ichinichi:20170518225344p:plain

 最高に雑

 

以前に四国ツーリングした時は徳島入り室戸方面行のルートだったので

今回は香川から入ります。

 

せっかくなので有名なうどんをたらふく食ってやろう、とそういう算段。

しかし前述の通り事前調査は皆無だったので

香川のコンビニで情報誌をチラリ。

 

美味しそうで時間が許す限りの範囲に有るうどん屋を三件ピックアップ。

なお、先に言っておきますが味レポはひどく下手です。

 

蒲生(がもう)うどんのページにようこそ!

セルフうどんの店 竹清(ちくせい)オフィシャルサイト

yamagoeudon.com

 

まず一件目、がもううどん。

情報誌によると昔からのスタイルを維持する古き良きうどん屋スタイルとのこと。

特にお揚げのトッピングを合わせると絶品らしい。

もうジュルリが止まりません

f:id:kyoumo_ichinichi:20170518230019j:plain

ついやっちまうんだ…天ぷらトッピング…

 

うめぇ

 

前情報の通りお揚げの甘ジュル感がめちゃんこ旨い。

うどんは言うまでもなく旨い。

コシが強くてちゅるちゅる食べれる。歯が幸せな食感でしたまる。

 

ちなみにがもううどんさんですが一応平日でしたが11時くらいで

このくらい混んでました。

 

f:id:kyoumo_ichinichi:20170518230450j:plain

分かりづらい写真

 

 

 

入口はわかりづらく、民家の細い脇道を走るので要注意!!

 

 

次!二件目は竹清!

さぁGoogle map先生、僕を案内s

 

本日、定休日

 

 

 

 

あぁああああああぁぁぁぁああ、、、、

定休日っておま、定休日ってぁぁ

卵の天ぷら食べたかったお…( ;∀;)

 

 

 

 

 

 

 

気を取り直して三件目、山越うどんだ!

何でもぶっかけうどん発祥の地という事で、以前にも大学時代の先輩(香川在住)にオススメされたお店だ。

 

 

 ガンガン気温が上がる中、到着。

f:id:kyoumo_ichinichi:20170518230952j:plain

分かりやすい写真

 

 

並びスギィ!!

到着段階で第二駐車場満車(でもバイクは一台は可)みたいな状況だったので

ちょっと予感はしてたけど、それにしても凄い列。

 

こういう長蛇の列はソロアラサーには辛い(主に回りのカップルが目に付く)。

 

しかし随分待つのかと思いきや

うどん屋の回転率は相当高い様で、30、40分程度でありつくことができました。

 

f:id:kyoumo_ichinichi:20170518231316j:plain

油分の摂取を避けられない性分

 

もちろんぶっかけ。

 

ちなみに香川のうどん屋って、注文時に二郎にも似たプレッシャーがある。

「小、熱、ぶっかけ」とかタンタンと言わないと、周りの客にリンチに合うんですよ、知ってました?(嘘)

 

さて、お味の方ですが、ここはとにかく麺がめちゃくちゃ旨い。

たまごと出汁に、ほんの少し出汁醤油を足してつるつるといただきます。小1玉が一瞬で胃の中に消える。

もう説明へたくそなので全放棄しますので、皆さんも四国ツーリングに行きましょう。食べましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はー、食べた。

香川でうどんを食べ歩くなら一店舗1玉ずつだな。2玉食べただけでもかなりお腹いっぱいになってしまった。

どちらのお店もそこいらじゃお目にかかれないくらいに美味しかった、これだけで四国に来た甲斐が有ったものよ。

 

さて…

4時から稼働して高速を走り続け、ちょっとお疲れ気味。

無予約で突撃しているので全日程キャンプの覚悟で来たけども

流石に今日は疲れが来ている。

あわよくば開いている宿に泊まろうと決めました。自分に優しくするのがロンツーの勘所です。

 

あまり期待してなかったのですが、

何と二件目の電話で民宿の予約をゲット。

 

お遍路さん御用達のお宿、高知屋さんです。

民宿 高知屋 四国 高知県 旅行・宿泊  Kizu-Navi.com

 

 

現在地は香川ですので、

高知に今日中に着くには四国を南北にぶっちぎる必要があります。

高速道路も走っていますが、せっかくなので

観光地というかツーリングロードを走っていきましょう。

 

かの有名な大歩危小歩危、の脇をはしる祖谷(いや)峡を走ります。

マップル先生もオススメルートに指定してるし、さぞ良い景観でしょう!

 

f:id:kyoumo_ichinichi:20170518233410p:plain

蛇行

 

 

 

 見るからに山道です。

 

 

f:id:kyoumo_ichinichi:20170519222258j:plain

川が山を削った事がありありと感じられる風景

f:id:kyoumo_ichinichi:20170519222314j:plain

ほんと山

 

f:id:kyoumo_ichinichi:20170519222327j:plain

軽犯罪法違反ですよ‼

 

ワインディングというか酷道に入る手前の微舗装路が延々続く感じの山道でした。

道幅も狭いので車が多いと進めなくなるんじゃなかろうか。

 でもバイクで走るにはメリハリ有りすぎるくらいで中々楽しい道でした。

スピード注意!

 

ちなみにココでカーブで上体を左右に振らす「わ」ナンバーの軽が向かってきて、

死を予感しました

 

バイク乗りにとってこの世のすべては自分を殺そうとするサムシングなのです…、

この気持ち大事。

 

 

「ちょっと観光」のつもりが地獄めいた山道楽しい道を走る事になりました。

四国の内陸部は本当気軽に行くと死にますね。(フラグ)

 

 

 

 

 

 

 

さて山を越えてやっとこさ高知入り。

屋根と壁と布団と女将さんたちに感謝して就寝。

 

お宿ではお遍路さん達がたくさんいらっしゃいました。なんとフランスからお遍路をしに来ている団体がいてビックリ。

朝にボンジュールなんて声を掛けたら怒涛の勢いでフレンチトークをぶっかけられました。

もちろん分かりません

分からなくても良いんです、とりあえずわろとけ!ボンボヤージュ!(言ってない)

 

 その2に続く。